elder-alliance.org トップ   ブログ   サークル   KanonTCG   マリみて   おとボク

elder-alliance.org  >  聖女の箱庭で  >  次元の呪い

次元の呪い

「祥子もすなる日記といふものを、美冬もしてみむとするなり。」

鵜沢美冬、私立リリアン女学園高等部3年生。

彼女が入学当時から書いている日記は、最初のノートの一文を上ではじめ、今や17冊を数えていた。

棚に積んである16冊の、日記の内容を少し覗いてみよう。

「○月×日

今日から、学校が始まる。

祥子さんと同じクラスに選ばれたことが、とても喜ばしい。

明日から、祥子さんに少しでも見てもらえるようにがんばろう。」

「○月◇日

今日は、祥子さんと一緒に、プリントを配った。

白魚のように整っている祥子さんの手は、相変わらずとてもきれいで。

少しだけ、触れたくなった。」

「○月△日

今日は、祥子さんの隣の100メートル走を拝見した。

美しいスタイルに華麗なフォーム、まさに走る女神。

このクラスになった幸せを、ゆっくりとかみしめる。」

「△月×日

今日、祥子さんが紅薔薇のつぼみロサ・キネンシス・アン・ブゥトンと話をしていた。

いったいどんな話なのだろう。

祥子さんは紅薔薇のつぼみの妹ロサ・キネンシス・アン・ブゥトン・プティ・スールになるのだろうか。

なって欲しい気持ちが半分、なって欲しくない気持ちが半分。

芸能人を見ているような気分を味わってしまった自分に、少し、嫌気がさした。」

「×月◇日

今日の晩ご飯はチョコレートだった。

祥子さんにあげられなかったチョコレート、処理しきれなかった失敗チョコレート、余った材料チョコレート、 そして、今夜祥子さんを思って、夜食にゆっくり食べようと思ったチョコレート。

すべてのチョコレートを、今日一日できれいさっぱり世の中から消し去る。

ビターチョコレート特有の苦みが、口の中を刺激する。

最後の一片を口に含むと、苦みを我慢できなくなって、涙が出てきた。

水を飲んで、お茶を飲んで、ジュースを飲んで、口の中の苦みを消す。

それでも、涙は止まらなかった。

祥子さんには、誰からもチョコレートをもらう理由がない。

それは、私からといえども同じだったのだろうか。

確かめるすべは、ない。」

「×月◇日

今日は、去年にもまして最悪の一日だった。

祥子さんが埋めた紅いカード。

あのカードを手に入れることで、渡す理由を作るはずだったチョコレート。

あのカードを手に入れたことで、渡す理由を失ってしまったチョコレート。

祥子さんのプティ・スールは、 祥子さんのカードが本来あった場所を、知っていたのではなく、突き止めた。

昔祥子さんに言われたとおり。悪いことをしたから、罰が当たったのだ。」

「×月△日

祥子さんのプティ・スール

彼女は私と何が違ったのだろう。

どうやって、祥子さんと知り合って、どうやって姉妹スールになったのだろう。

彼女には、祥子さんの何が見えていて、何が見えていないのだろう。

福沢祐巳。

おめでたい名前とおめでたい顔とおめでたい考え。

その裏に隠された、祥子さんへの強い思いと鋭い観察眼。

まさに、祥子さんのためにあてがわれたプティ・スール

私の名前からkの字ひとつ加えただけの、彼女がうらやましかった。」

17冊はすべて、このような調子で書かれていた。

そして、その日記は日記以外のことも書かれていた。

空いたページに、祥子が主人公の短い小説や、祥子のイラスト。

美冬のノートは、小笠原祥子で埋め尽くされていた。

そして、今日の日記。

「×月☆日

『聖ワーレンティヌスの奇跡』。

去年、紅いカードが消えた事件は、このような見出しで紹介された。

さしずめ、私にとっては聖ワーレンティヌスの天誅と言ったところか。

あれから、髪も切ったのに。

家に帰ると祥子さんのことばかり考えている。

明日に控えたリリアン女子大入試の追い込みにすら、身が入らない。

リリアンの優先入学を勝ち取った祥子さんに、このままでは追いつけない気がする。

私は、祥子さんと同じ大学に行けるのだろうか。

そして、数日後に迫ったバレンタインデー。

三度目こそは正直になれますように。」

書き慣れた祥子のイラスト。

今日は、隣に小さな女の子を添えてみる。

祥子と美冬を書いたつもりだったのに、なぜか、祥子と祐巳に見える。

不愉快だった。

翌日、美冬はリリアン女子大学の試験を受ける。

特に問題もなく終了し、美冬は合格への手応えをつかんだ。

美冬の私立受験はこれで終了。次の問題は、バレンタインデー。

今年は、必ずチョコレートを渡す。

その決意を日記に書き記し、イラストを添える。

祥子にプレゼントを渡す少女。

自分をイメージした少女が、今日も祐巳に見える。

美冬は、今日も不愉快な気分で床についた。

バレンタインデー当日、昼休み。

美冬は、祥子を人気のないところへ呼びだした。

「どうされたの?」

祥子が美冬に問いかける。

「ええ、ちょっと渡したいものがあって」

そういうと、美冬は四角い箱をひとつ、鞄から取り出した。

「受け取っていただけるかしら?」

その箱に、祥子は少し困った顔をした。

「受け取る理由がないわ」

「知っているわ」

祥子の言葉に、美冬は一瞬もためらうことなく答える。

「でしたら」

「でも、私には渡す理由がある。

どうしても受け取れないのであれば、せめて断る理由を示していただけないかしら。

私があきらめることのできる、理由を」

美冬の言葉に、祥子はため息をついた。

「強すぎる想いは、ときに毒になるの」

祥子の言葉に、美冬は目を見開く。

「私にはその毒を薬にはできないし、毒に耐えるつもりもないわ」

「……そう、分かったわ」

美冬は笑顔を作った。

「大丈夫よ、あなたならそれを渡す相手くらい、簡単に見つかるわ」

祥子はそういうと、踵を返して教室へと歩き始めた。

「あれ?祥子さん、美冬さんは?」

クラスメイトが祥子に聞く。

「ちょっとあったの。

しばらくしたら戻ってくると思うから、一人にしてあげて」

祥子はそう答えながら、あのクラスメイトの名前が美冬であることを思い出した。

しかし、その名前が何を意味するかまでは、思い出すことができなかった。

美冬は、その場所を動けなかった。

晴れ渡った空の下、チョコレートの包装紙が、リリアンの制服が、滴に濡れる。

現実は、小説のようにうまくはいかない。

現実は、イラストのようにきれいでもない。

現実は、人形のように変わらないわけでも、アニメのように外から観察できるわけでもない。

現実は、自分が主役の、筋書きのない残酷で冷徹なストーリー。

当然理解している、当たり前の事実に、美冬は、打ちのめされた。

鳴り響くチャイムも、彼女には届かない。

彼女が3年生だったということは、幸運以外の何者でもなかった。

おしまい。

あとがき

次元の呪い(Curse of Dimension)とは、科学的に立証された呪いのことです。

たとえば、1メートル=1,000ミリに対して、1平方メートル=1,000,000平方ミリメートル、1立方メートル=1,000,000,000立方ミリメートル。

このように、単位(次元)が1ふえるだけで数字が急激に増大する現象のことを言います。

計算機の世界ではNP困難(NP hard)と言って、計算時間が莫大に増加する問題として知られ、非常に嫌われます。

が、呪いと言っても科学ですから、逆用することも可能なわけで。

たとえば、長い文字のパスワードが破られない理由は、ここにあるのです。

ところで、現実の次元について考えてみると。

1次元=情報列、2次元=写真ないしは絵画、3次元=アニメーションないしは人形、4次元=現実という公式を考えるとおり、 現実はわたしたちの想像よりかなり高い次元に属するようです。

マリア様がみてる・紅いカード。この話の主人公・鵜沢美冬は、次元の呪いをどうとらえたのでしょうか。

……ああ、俺は次元の呪いに引きずられっぱなしさ_| ̄|○