elder-alliance.org トップ   ブログ   サークル   KanonTCG   マリみて   おとボク

elder-alliance.org  >  聖女の箱庭で  >  ダ・カーポ

ダ・カーポ

いばらの森。

作者は、須加星こと春日せい子。

宮廷社コスモス文庫の新作のひとつ。

発売されて、その瞬間にリリアン女学園高等部全体へと広まった。

聞くところによると、“リリアンの生徒・大絶賛!”という売り出し文句を付けた駅前の書店が、 わずか数日の間に、4桁に迫る売り上げ部数を記録したとも伝えられる。

実際、ここ数日で没収せざるを得なかった持ち物の大半は、この小説である。

この小説のモデルと勘違いされた3年生の佐藤聖と、転出した久保栞。

彼女たちには、大変申し訳ないことをした。

コスモス文庫のWebページを見ながら、彼女はひとつの罪を自覚し、その償いを考えた。

長崎の修道院。

クリスマスまで、あと数日と迫った日。

彼女は、速達便の包みを一つ受け取った。

差出人は、上村佐織。一年ほど前までお世話になっていた、リリアン女学園の理事長。

中に入っていたのは、一枚のカードと、一冊の小説。

小説のタイトルは、いばらの森。

カードに書かれていたのは、理事長のサインと理事長室への電話番号、そして一言。

奇跡を信じたければ、連絡をちょうだい、と。

宮廷社の編集部。

彼女は、ひっきりなしにかかってくる電話に、いちいち応対していた。

また、須加星のモデルについての問い合わせの電話だ。

どうせ、リリアンの学生が、須加星=『佐藤聖』という誤った説を確認するに違いないのだ。

しかし、その電話だけは違っていた。

その声は、若い女の子の声ではなく、老婆の声。と言っても、一本筋の通った美しい声である。

電話先の老婆の名前としゃべり方は、なぜか「いばらの森」のカホリのような印象をもつ。

そして、電話先の彼女は、彼に告げる。

「ところで、そちらに、須加星――春日せい子さまはいらっしゃいますでしょうか?」

薔薇の館。

彼女は、小笠原祥子の妹である福沢祐巳と一緒に、玄関先へと向かっていた。

理事長のご友人を、お聖堂まで丁重にお連れするようにと、直接言われている。

理事長からの直接のお達しであるからには、断ることも忘れることもできまい。

玄関先にて、明らかにリリアンの生徒ではない、しかしリリアン特有の雰囲気をまとったひとりの女性を発見する。

祐巳ちゃんを薔薇の館に帰してから、彼女はその女性のそばへと向かう。

「ごきげんよう」

そして、お互いに名前を交わす。女性の名前は、春日せい子というらしい。

その女性は、しかし彼女の名前を知っていた。

「ごめんなさいね、私の小説が原因であなたに迷惑をかけてしまって」

なるほど、か“すが・せい”こ、か。

似た名前と似た境遇を持つ私は、世界一格好いいこのおばあさんのように、生きることができるだろうか。

彼女は、エスコートしている相手が自分の先輩であることを、強く誇りに思った。

お聖堂。

彼女は、西洋人形のように美しい生徒に連れられて、その入り口まで足を運んだ。

仕事場であり応接間である理事長室ではなく、外からの客を受け入れづらいこの場所を佐織が選んだのはなぜか。

『いばらの森』の比喩なのか。昔を再現しようとでも言うのか。

それとも――。

「では、ドアを開けますね」

聖さんの声に思考を中断されて、彼女はドアの先を見る。

そこには、2人のシスターが、こちらを見ていた。

過去と現在を同時に再現したような、そんな錯覚。

「……栞!?」

「ごきげんよう、聖」

聖さんと、若いシスターの姿を借りて、過去の時間が動き出す。

「ごきげんよう、せい子。お久しぶりね」

そして、現在の時間。

「ごきげんよう、佐織」

数十年の時を越えて。

死んでいたはずの、一番愛していた少女との再会を、彼女は遂げる。

おしまい。

あとがき

ダカーポ(D.C.)という音楽記号があります。

意味は、最初に戻れ。

リフレインする小さな世界の、リフレインする小さな物語。

ありえないはずの、3度目のはじまりは、奇跡の起きるクリスマスが似合う。

……な~んて、な。