elder-alliance.org トップ   ブログ   サークル   KanonTCG   マリみて   おとボク

elder-alliance.org  >  聖女の箱庭で  >  接続

接続

その日、二条乃梨子は、あまりにも神秘的な空間に出会った。

銀杏並木にたたずみ、頭を垂れるマリア様。

お姉さま――あるいは、志摩子さんと呼んでもいい。

そして、 黄色い銀杏いちょうがまばゆい後光を代弁し、 彼女の姿を美しく飾る。

乃梨子の見る彼女の姿は、この世に存在するあらゆる絵画より美しかった。

その日、福沢祐巳は、あまりにも庶民的な空間に出会った。

銀杏並木に立ちつくし、視線で捜し物をする同級生。

白薔薇さま――あるいは、志摩子さんと呼んでもいい。

そして、手元の銀杏ぎんなんがきついにおいを想像させ、 彼女の姿を痛々しくする。

祐巳の見る彼女の姿は、この世に存在するあらゆるミスマッチより似合わなかった。

その日、藤堂志摩子は、あまりにも理想的な空間に出会った。

大好きな銀杏の実、大好きな友達、そして大好きな妹。

マリア様のご加護――あるいは、桃源郷と呼んでもいい。

そして、手元の銀杏いちょう/ぎんなんが嬉しい未来を想像させ、 彼女の心を天へと導く。

志摩子の考える自分の姿は、この世に存在するあらゆる人間より幸せだった。

その日、島津由乃は、あまりにも衝撃的な空間に出会った。

銀杏並木に存在する、ふたりの2年生とひとりの1年生。

山百合会――あるいは、親友たちと呼んでもいい。

そして、3人の表情が彼女の想像を超え、下すべき判断を見えなくする。

由乃の見る彼女たちの姿は、この世に存在するあらゆる現実よりゆがんでいた。

おしまい。

あとがき

ファイバー束ネタ第2号です。

ファイバー束の空間を考えるとき、接空間(空間の微分)に対して、垂直空間&水平空間というふたつの部分空間を考え、その空間の性質から、対象を考察します。

このとき、対象の空間のゆがみ具合を、曲率curvature、ねじれ率torsionといった計算によって計測し、測地線とよばれる、拡張された直線を考えることで、ゆがんだ空間でも平行移動ができるようになります。

この話の場合は、志摩子という空間を考えるときに、乃梨子の視点=垂直空間、祐巳の視点=水平空間を与え、ふたりの表情=その座標系での値をもとに、由乃が曲率を計算したというお話でした(ぇー。

参考文献