elder-alliance.org トップ   ブログ   サークル   KanonTCG   マリみて   おとボク

elder-alliance.org  >  奇跡のかけら  >  舞踏会

この話は、Key/VisualArts「Kanon」から取材しました。 「Kanon」の、ちいさなねたばれが一部あります。 以上をふまえた上で、この話をお楽しみ下さい。

舞踏会

「その子を、可愛く見せる方法だよね……あれなんてどう?」

名雪が指さした先には、舞踏会の文字。

舞踏会……舞を踏む会?

2人きりの部屋で、仁王立ちで立っている佐祐理と、地べたにはいつくばっている舞。

「ほら、舞、次はどうして欲しいの?」

「……もっと踏んで」

「あははははーっ、舞は変態ですね~、その望み、佐祐理がかなえてあげますよーっ」

「……気持ちいい、もっと」

「ぐはっ!」

「祐一……?」

「な、名雪?いや、なんでもないんだ、気にしないでくれ」

「……祐一の変態」

えんど。

あとがき6/26, 2006

時は2001年10月22日。 よしひろさんのwebページ「よしひろの部屋」に、相互リンク記念として送ったものです。

上記の通り、舞と佐祐理さんが主人公なのに、 登場人物は祐一と名雪のみという、きわめて短いSS特有の構成となっています。 この考え方は、この当時から見て遥か未来、2005年に発表した、 A6で80ページにわたるオフライン小説「瑞穂はお母さまに恋してる」にて、 全く違う形で引き継がれていくことになりました。

私が作ったKanon関連SSとしては初めて……というわけでもなく。 KanonTCGSSも含めて、いろいろとSSを書いていた頃のようでした。

あれから5年以上が過ぎて、 よしひろさんもwebページ管理を止めてからしばらく経ったので、 取りあえず、何も言わずに返して貰おうかなと(笑)